「アクアリウムとは困難の連続である」カテゴリーアーカイブ

アクアリウムとは困難の連続である

最近ハムスターとか動物の飼育欲がふいに高まりまして。
ハムスター飼うなら年中エアコン入れっぱなしにするし、せっかくだし熱帯魚でもまた飼ってみたら? という煩悩にとりつかれ。
10年以上保管していたGEX私の楽園petitを引っ張り出してきました。

DSC_0002
10年以上ぶりの開封 プレミアついてそう

当時高校生だった自分は30cm水槽でカラシンを飼育していて、いつかサブ水槽の立ち上げやメインも本腰入れて飼育するぞ! と意気込んでいろいろと集めていました。実家には角丸60cm水槽や3灯ライト、ジャレコのヒーター格納式ろ過フィルターなんかもいろいろそろっているのですが、大学生活に入り忙しくなって、それどころではなくなってしまい今に至ります。

そのときに、一人暮らしでも気軽にアクアリウムがやれればなあ、と手元に置いておいたのがコイツだったというわけです。

DSC_0003
小さい。3.8リットル。

しかしながら当時からわかっていたものの、このオールインワン水槽には問題点がたくさんあるのです。

  1. 電気が5Wナツメ電球(生物が死ぬ)
  2. 水質が安定しない(生物が死ぬ)
  3. 水温が安定しない(生物が死ぬ)
  4. 魚には狭すぎる(生物が死ぬ)
  5. そもそもちゃんとした飼育目的で発売されたのかが謎

とはいっても、いいところがたくさんあるから買っておいたわけで。いやほんとジェックスさんいま観たら相当懐かしいと思うぜ!?

  • とにかくスタイリッシュ! 無駄なモノを見せずに済む
  • とにかくスペースが要らない! アーバンな生活のお供に
  • 地味に底面ろ過フィルターだったりして造りはそれなり
  • 本体価格も3000円程度と安い
  • 難易度がある分やりがいがある

…いいところもあれば悪いところを解決して使うしかありません。

まず 1.光量
電気を載せかえてしまうか、光を必要としない水草で構成するしかない。後者はまずクリプトコリネやミクロソリウムなど候補がたくさんあるのですが、前者は難儀。電球を15Wにすると、熱で内蓋が溶けるそうです。そんなのぜんぜんスタイリッシュじゃない!!ガラス内蓋にしてデスクライトや蛍光灯を載せると解決しそうですが、そんなのぜんぜん

こういうモノをみつけました。

うまくすれば4W蛍光灯が使えるかもしれません。でも、多分厳しそうなのと、幾分スタイリッシュさがなくなりますね。とりあえず1個注文してみました。何かの役に立つだろ…

いつかやりたかったクリプト水槽にでもしてみようかな… でも1株くらいしか植えれないな… と気長に構えていますが、どうなるこの水槽。試されるアクアリスト魂。90年代の遺産を活かせるか。

DSC_0005
まじで暗い。水草は想定外か
DSC_0004
10W水雷球ならどうですかね…