「アクアリウムとは困難の連続である」カテゴリーアーカイブ

デジタル水温計が壊れていた話

熱帯魚に白点病が発生して、ぜんぜん治らないので、26度以上に設定するオートヒーターを購入した。
これで白点病も落ち着いてくれるといいのだが…… と、ヒーターを水槽にドボンしてみると、一瞬だけLEDが光ってぜんぜん動作しない。

「ん???」

水温計の数字は22度。チャームのおまけで買ったノーブランド箱無しのデジタル水温計だ。よく見ると「Water」にスイッチが入っている。「Air」に切り替えてみると、26度と表示。この違いは何だと調べてみたら、水温計はセンサー部分の温度を表示するようだ。室温計は、デジタル表示部分本体の温度を検知するらしい。

「Air」と「Water」で温度が違うのはわかった。じゃあセンサーを外に出している状態で温度が違うのはなぜだ?

昔使用していたアナログの水温計を水槽に入れてみた。26度。

つまり、デジタル水温計が故障しているのだ!!
なんてこった…… いままで信じていたのに……

デジタル水温計は故障する。覚えたよ。いつから故障していたのかもわからない。気をつけよう。

4L用のエヴァリスのヒーターが弱すぎるか故障してるかと疑ってすまなかった。26度で白点病が治らないのはもうどうしようもない…… 唐辛子も民間療法的で効果が見られない。ただ死にゆく魚を眺めることしかできないのだ。歯がゆい。